大学中退者の就職活動はじめ方

大学中退者の就職活動


大学中退者 就職活動

大学中退者の就職活動

千葉県の大学中退、フリーター、既卒、ニートといった方向けに、正社員就職を目指すための情報、就職支援サイトについて掲載をしています。

大学や大学院を中退し、就職をしなくては・・・と就活をスタートしようという場合。

出来れば成功率の高い就職活動をしたいですよね。

大学中退者の就職活動は、どうしても「途中で辞めた人」「リタイアした人」というイメージが付いて回るため厳しくなりがちです。

とはいえ、最近では大学中退者の中にも優秀な若手人材がいる事に気づいた企業が、

「大学中退者限定」

で中途採用を行うケースもありますし、就職エージェントの中にも「大学中退者限定の就職支援」を行うケースも。

それだけ人手不足が深刻化してきている、ということも言えるのですが正社員就職を目指す立場としては、この就職状況を活かし、積極的に就職活動をすすめていくことが大切です。

⇒ 千葉県 大学中退者向け就職支援

大学中退者のブランク期間について

大学を中退後にブランク期間を空けないことが、就職成功率を高める最初のポイントとなります。

ブランク期間が長いと、

・ブランク期間が長いけれど、何をしていたのだろうか?

・就職活動をしていたとすれば、何か問題があって内定が出ない人材なのでは?

といった事を採用担当者は考えます。

いずれにしても、ネガティブに見られてしまうんですよね。

ブランク期間が長ければ長いほど、ネガティブさは増していきます。

人気の企業や好条件で求人を出している場合、応募も毎日多数からあります。
そうした場合、履歴書などの情報だけで判断しますから、書類選考で落ちる事がどうしても増えてしまいます。

ブランク期間が長いことで、書類選考の段階から不利になってしまうことになります。

しかし、そうした不利さを跳ね返す就職活動の方法があります。

就職支援サイトの活用です。

⇒ 大学中退者向け就職支援サービス

でご紹介している大学中退者向け就職支援サイトの中で、

・DYM就職
・ジェイック

書類選考なしで面接を受ける事が出来ます。

ブランク期間が長い大学中退者の方ほど、書類選考なしのメリットは大きいといえます。

大学中退者が就職活動で困る事

大学中退者が就職活動で困る事
大学中退者が就職活動で困る事はいくつもありますが、新卒就活と比べると一番大きいのは就職活動のサポートが無い、ということです。

中退後は全ての事を自分で行いながら就活をしていくことになります。

自分で動かないことには全く情報が入ってきませんから、やる気が無ければ就職する事は無理です。

大学に通っていれば、周りも就活を始めますからね。
自分も・・・となるでしょうけれど、大学中退後はそうした情報は入ってきません。

いつまでもフリーター、ニートとして気楽に過ごす事が可能です。

また、生計を立てるためにフリーターとして働く大学中退者の方も多いと思いますが、就活を始めた場合には面接が突然スケジュールに入ってきます。

その度にバイト先に急な休み、シフト変更の相談をして・・・と気を遣う事も多くなるでしょう。

また大学中退して初めて就職活動をする、という方も多いと思います。

その場合、応募書類(履歴書、職務経歴書)の書き方に悩み、自己分析、志望動機、大学中退理由・・・と最初は悩み尽くしではないでしょうか。

大学中退理由は確実に、毎回、面接で質問されます。

面接官を納得させられる中退理由であると良いのですが、単位が足りなくて、大学の人間関係が主な理由で、といった場合には伝えにくいですよね。

そうなると違う大学中退理由を・・・となりがちですが、正直な中退理由を伝えた方が良い場合は多いです。

話をずっとそれに合わせないといけませんからね。

素直に大学中退理由を伝えた上で、就職して頑張りたい!という熱意をしっかりアピールする方が上手くいくケースは多いと言えます。

千葉県で大学中退から就職するには

面接
千葉県で就職を希望される場合に、オススメの大学中退者向けの就職支援サイトをご紹介しています。

⇒ 千葉県 大学中退者向け就職支援

ハローワークやジョブカフェなども利用して情報収集をする事は出来ますが、サポートの手厚さ、所有する求人の質などを考えると、民間でライバル企業と切磋琢磨しているこうした就職支援サービスの活用がオススメです。

中には就職した後も期間限定でサポートしてくれる就職支援サービスもあります。

正社員として働き出してからも悩むこともありますからね。

大学中退者の就活に関しては、大変な場合も多いです。

書類選考で落ちる事もどうしても増えてしまいますし、就職に関してはサポートがある方が良いでしょう。

その中でも、書類選考無しで面接が受けられるタイプの就職支援サービスの活用をオススメしています。

内定率の高い就職支援サービス、ぜひ活用されてみてはいかがでしょうか。




キーワード